【5,000社以上の実績】Google広告の効果は本当にある?効果を最大限に高める方法と併せて解説!

リスティング広告で成果が出ない方へ。 今こそ見直したい11のポイント
今すぐ無料ダウンロード
リスティング広告で成果が出ない方へ。 今こそ見直したい11のポイント
今すぐ無料ダウンロード
目次
    1. Google広告とは
    2. Google広告を使うメリット4選
      1. メリット1.リアルタイムで成果を確認できる
      2. メリット2.予算/課金方法を選択できる
      3. メリット3.ターゲットを絞って広告配信ができる
      4. メリット4.web施策の中でも短期間で成果を出しやすい
    3. Google広告で成果を出しやすい商材の見極め方
      1. 特徴1.Webでの検索/購買ニーズが高い
      2. 特徴2.コンバージョンポイントがweb上にある
      3. 特徴3.リピート購入/定期購入される
    4. Google広告で成果を上げるための3つのポイント
      1. ポイント1.広告出稿の目的を設定する
      2. ポイント2.ターゲットを明確にする
      3. ポイント3.データが正確に計測できるように環境を整える
    5. Google広告で使える3つのTips
      1. Tips1.できる限りアカウントはシンプルにする
      2. Tips2.広告表示オプションについて
      3. Tips3.広告文やクリエイティブにターゲットを絞る要素を含める
    6. まとめ

Google広告を出稿するときや、出稿中に

「果たしてGoogle広告で成果が出るのか?」

「どうすれば成果が出るのか?」

と気になる方は多いと思います。

Google広告は、検索広告やディスプレイ広告・動画広告など様々なメニューを配信することができます。

ただでさえ複雑なメニューなのに、頻繁に新しい機能も追加され、はじめてGoogle広告を配信する際にはなにから始めていいのか、果たして成果が出るのかがわからないこともしばしば…

本記事ではそんなお悩みを持つ方に向けて、Google広告で成果を出しやすい商材や成果を出すための方法弊社の事例をご紹介します。

Google広告を始める前の方は、本記事を読んで自社の商品がそもそもGoogle広告に向いているのかどうすれば成果を出せるのかの参考にしてみてくださいね。

Google広告とは

そもそもGoogle広告とはなにかについてまずご説明をしていきます。
 
Google広告とは、Googleの検索画面やサイト内の広告枠、YouTubeなどのサイト内に掲載できる広告を指します。
 
現在Google広告で出稿できる広告の種類は多岐に渡り、ざっくりとまとめると下記の5種類があります。
 
  • 検索キャンペーン
    …ユーザーの検索画面上にテキストメインの広告を表示できるメニュー
  • ディスプレイキャンペーン
    …webサイト内の広告枠やGmailなどにバナー画像付きの広告を表示するメニュー
  • 動画キャンペーン
    …主にYouTubeや提携サイト内に動画広告を表示するメニュー
  • ショッピングキャンペーン
    …Googleの検索画面やサイト内に商品画像や商品情報付きの広告を表示するメニュー
  • アプリキャンペーン
    …Androiアプリ画面や、webサイト上にアプリインストールを促す広告を表示するメニュー
それぞれのキャンペーンは、配信する広告の形式や配信先によって更に細分化できますが、大きくまとめると上記の通りです。
 
Google広告は配信できるメニューがかなり多いため、実際に出稿する際は、出稿する目的や予算、ターゲットによって各メニューを使いわける必要があります。
 
とはいえ、まずは「Google広告ではいろんなメニューで広告が出せるんだな」くらいの認識で大丈夫です。
 
Google広告の種類や特徴についてより詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。
 

Google広告を使うメリット4選

 
ここからはGoogle広告を使うメリットについて、ご紹介します。
 
先ほども触れたように、Google広告内には実に多くの配信メニューが存在します。
 
そのため、今回はGoogle広告の全メニューに共通するメリットについてご紹介をしていきますね。

メリット1.リアルタイムで成果を確認できる

Google広告は基本的にリアルタイムで成果が画面上に反映されるため、常に広告成果を確認することができます。
 
また、Google広告は即効性が高く、広告の配信を開始してから数日で流入やコンバージョンが見込めます。
 
そのため、例えば「昨日配信した広告から流入orコンバージョンがきているか」など、オフラインの広告媒体ではあり得ないスピードで成果を確認し、次回以降の広告配信に取り組むことも可能です。

メリット2.予算/課金方法を選択できる

Google広告では、出稿する広告予算や課金方法を自分で決めることができます。

これはGoogle広告内のどのメニューでも基本的に共通しており、更に期間設定や予算上限を設定することで

  • 3月中だけ配信したい広告が4月になっても配信されていた…
  • 10万円だけ配信したかったのに15万円も配信されていた…

などのミスを防ぐこともできます。

課金方法も自由に設定ができ、「コンバージョンが発生した時だけ料金を支払う」といった設定も可能です。

※課金方法の例

  • コンバージョン課金…コンバージョンが発生した時に課金が発生する
  • クリック課金…広告のクリックが発生した時に課金が発生する
  • インプレッション課金…広告が見られた(インプレッションが発生した)時に課金が発生する

上記のように、自由に予算や課金方法、出稿期間を設定することができるのはGoogle広告の強みと言えます。

メリット3.ターゲットを絞って広告配信ができる

Google広告では、広告配信をしたいターゲットを詳細に絞って広告を配信することができます。

Googleが収集する膨大なデータを用いて、年齢や性別、地域をはじめとする様々なターゲティングを設定できます。

※ターゲティング例

  • 年齢/性別
  • 地域
  • 曜日/時間帯
  • ○○に興味関心があるユーザー
  • 購買意向の強いユーザー
  • 一度自社サイトを訪れたユーザー

設定できるターゲティング数はとても多く、思いつくターゲティングはほぼ網羅していると言っても過言ではありません。

これらのターゲティングと、制作した広告文やバナー画像/動画を組み合わせて最も効果が高まるように設定するのがGoogle広告の肝となります。

メリット4.web施策の中でも短期間で成果を出しやすい

先述したように、Google広告には下記のメリットがあります。
 
  • リアルタイムで成果を確認できる
  • 予算/課金方法を自由に設定できる
  • ターゲットを絞ることができる

それに加えて、

  • 配信を設定してからすぐに広告が出稿される

ため、早くて数時間や数日で成果が返ってきます。

Google広告には限られた時間内で成果を出すために必要な要素が詰まっているのです。

※代表的なweb施策であるSEO(検索エンジン最適化)であれば、SEO対策を含めた記事コンテンツやサイトを制作してから成果が出るまでに数カ月単位で時間がかかることが一般的です。

もちろん広告を出稿するためには継続的に広告費を支払う必要がありますが、適切に活用すれば早期から安定した流入・獲得源として機能するのがGoogle広告の大きなメリットと言えます。

 

Google広告で成果を出しやすい商材の見極め方

Google広告にはこれまでご紹介したように様々なメニューがあり、基本的にはどのような商材でも一定の成果を出すことができます。

とはいえ、商材の特性によって費用対効果に差は出ます。

どういった商材であればGoogle広告を利用することで高い成果を出せるのかをお伝えするために、ここからはGoogle広告がマッチする商材の特徴をご紹介していきますね。

まとめると下記の3点です。

  1. webでの検索/購買ニーズが高い
  2. コンバージョンポイントがweb上にある
  3. リピート購入/定期購入される

それぞれ細かく解説していきます。

 

特徴1.Webでの検索/購買ニーズが高い

まず1つ目の特徴は「web上での検索/購買ニーズが高い」商材であることです。
 
Google広告では、web上でのユーザー行動に合わせて検索画面に広告を表示したり、YouTube上に動画広告を表示することができますが、そもそも「webで買わない商品」はいくら広告をしても直接購入を促すことができません。
 
ただ、「webでは買わないが、webで閲覧した後に実店舗で購入する」流れが多い商材であれば、web上でのコンバージョンを来店カタログの請求など、購入の手前に設定することで間接的に購入を促すことができます。
 
まとめると、ユーザーがweb上で購入したり、お問い合わせなどのアクションに繋がりやすい商材がGoogle広告の出稿には向いています。
 
Google広告だけでは直接的に購入に繋げにくい場合は、購入の手前のアクションを目的に広告配信を実施することをおすすめします。
 

特徴2.コンバージョンポイントがweb上にある


2つ目の特徴は「コンバージョンポイントがweb上にある」ことです。

Google広告は、基本的にweb上のコンバージョンアクションをカウントして広告の最適化を行います。

そのため、web上にコンバージョンポイントがなくコンバージョンをしたかわからない場合は、広告の成果が上がりづらい、もしくはわからないなど悲惨な結末に…

例外として、実店舗への来店数を推測する機能もGoogle広告に搭載されています。

ですが、あくまで位置情報と統計モデルを利用した推測のため、web上でコンバージョン計測ができる設計としておくのがベターです。

特徴3.リピート購入/定期購入される

3つ目の特徴は「リピート購入/定期購入される」ことです。

Google広告では、ある程度リピート購入される商品であれば投資対効果を高くしやすくなります。

Google広告はweb広告の仕様上、広告費を支払って広告を出稿するため、「いくら払って何円利益が出るか」の計算が重要です。

そこで、広告経由で初回購入後に複数回購入をしてくれれば、その分だけ利益が伸びるため、より多くの広告費を利用することができます。

1回のみで買い切りの商品よりも、複数回購入する商材の方が、長期的に見た際にGoogle広告の出稿に適していると言えるでしょう。

Google広告で成果を上げるための3つのポイント

ここからは、Google広告で成果を上げるためのポイントをご紹介していきます。

Google広告で成果を上げるために重要なポイントは以下の3つです。

  1. 広告出稿の目的を設定する
  2. ターゲットを明確にする
  3. データが正確に計測できるように環境を整える

それぞれ基礎的な部分であり、Google広告で成果を上げる上で必ず押さえなければならないポイントです。

順番に解説していきますね。

ポイント1.広告出稿の目的を設定する

1つ目のポイントは「広告出稿の目的を設定する」ことです。

広告を出稿する目的は様々ですが、例としては下記のアクションが挙げられます。

  • 商品の購入
  • 会員登録
  • アプリのダウンロード
  • 実店舗への予約
  • 資料請求
  • お問い合わせ

それぞれコンバージョンとする地点はバラバラですが、最終的に全て利益の拡大に繋がる点は同じでしょう。

広告で計測するコンバージョンはどんなものでも構いませんが、どのコンバージョンをどれだけ増加させたいのか、もしくはどれくらい安く獲得したいのか、明確に設定しておくことが重要です。

Google広告では達成したい目的に合わせて、コンバージョン数を予算内で最も多く獲得できるように自動で調整してくれる「コンバージョン数の最大化」や、設定した金額でコンバージョンの獲得を図ってくれる「目標コンバージョン単価」などの入札戦略の設定機能が存在します。

できる限り目標に近づけるように動いてくれるので、明確に広告を出稿する目的が定まったらそれに応じた入札戦略を選択し、達成に向けてGoogle広告を導いてあげましょう。

ポイント2.ターゲットを明確にする

ポイントの2つ目は「広告を配信したいターゲットを明確にする」ことです。

先ほどご紹介した1つ目のポイントで広告の目的を明確にしたら、その目的を達成するためにどんなユーザーに対して広告配信をしたいのか、明確にしましょう。

同じGoogle広告を利用しても、広告を配信したいユーザーによって配信する画像やテキスト、配信先に設定するサイトやKWは全く異なってきます。

例えば「車を販売したい」と思って広告の配信を考えたときに、扱う車が単身向けの高級車なのかファミリー向けの大衆車なのか、ファミリー向けだとしても何人家族に売りたいのか、それらのターゲット設定によっては広告の内容を変える必要がありますよね。

「広告を配信する」と一概に言っても、配信手法も配信する内容も様々ですので、実際にGoogle広告を配信する際はどんなユーザーに配信したいのかを明確に決めましょう。

ポイント3.データが正確に計測できるように環境を整える

 3つ目のポイントは「データが正確に計測できるように環境を整える」ことです。

Google広告は、web広告媒体の中でも多くの指標やデータを取得して分析に繋げることができる広告媒体です。

しかし、データを計測するためのタグ設定や、Google Analyticsとの連携などを間違ってしまうと、それらの機能も台無しになってしまいます。

まずは基本的なデータが計測できるように、コンバージョンの設定やURLの設定、タグ関連の設定を正確に実装していきましょう。

基本的な計測設定が終わったら、その後は広告経由で獲得したユーザーが継続して商品を購入しているか何円くらい消費してくれているかなどの、広告経由で自社に流入/購買行動を起こした後のデータを計測して、戦略的な広告運用に活かすことをおすすめします。

Google広告で使える3つのTips

これまでGoogle広告のメリットや、成果を上げるコツについて解説してきました。

最後に、Google広告を運用する上で使えるTipsをご紹介してこの記事の締めとさせていただきます。

今回ご紹介するTipsは大きく下記の3つです。

  1. できる限りアカウントはシンプルにする
  2. 広告表示オプションは全て設定しておく
  3. 広告文やクリエイティブでターゲットを絞りこむ

多数の実績を持つ弊社でも必ず実践しているTipsですので、ぜひGoogle広告の運用を行う際には参考にしてみてくださいね。

Tips1.できる限りアカウントはシンプルにする

Google広告の運用では、できる限りアカウントの構成やキャンペーン、広告グループの設定などの運用に関わる項目を極力シンプルにするように心掛けましょう。
 
シンプルにする理由は大きく下記の2つです。
 
  • Google広告の機械学習にとって、データを集約する方が学習効率が良いから
  • 運用時のミスや確認工数、作業工数を削減するため
Googleの推奨項目として、機械学習の最適化のためにアカウントのシンプル化を推奨していることももちろんですが、継続的な運用が伴う広告運用において、ミスや工数の削減を意識することはかなり重要です。
 
Google広告をはじめとするweb広告は、ただでさえ設定する項目やチェックする内容が膨大に存在します。
 
また、アップデートも頻繁に起こるため、広告アカウントの設定を複雑にしていると何か変化があったときや変更を加えたいときにミスが起こりやすくなってしまうのです。
 
Google広告を運用する上で、できる限りシンプルに、複雑にしないことを意識しましょう。

Tips2.広告表示オプションについて

基本的ですが、Google広告内の検索連動型広告を配信する場合は、複数種類ある広告表示オプションは全て作成し、設定をしておきましょう。

広告表示オプションは、設定しておくだけで広告の上位表示に繋がりやすくなります。

そもそも広告は「広告ランク」の高低によって表示有無や広告の掲載位置(より見られやすい位置に掲載できるか)が決まります。

広告ランクの算出ロジックは下記の通りです。

※実際にはユーザーの検索背景など膨大なシグナルを感知していますが、説明のため簡略化
広告ランク=広告の品質×入札価格+広告表示オプションなどの広告フォーマットの見込み効果

上記の式のうち、「広告表示オプション」は加点項目です。

そのため、嚙み砕いた言い方をすると「広告表示オプションはつければつけるだけ加点」されます。

誤った情報や誤解を招くような悪質な表現でなければ、付けて損はないため必ず全て作成し、設定することをおすすめします。

Tips3.広告文やクリエイティブにターゲットを絞る要素を含める

Google広告を配信する際に、検索広告やディスプレイ広告を問わず、地域や年齢・性別や興味関心、検索広告ではキーワードを用いてターゲティングを行うのが一般的です。

とはいえ、それらのターゲティング設定だけでは本当に狙いたいユーザーにだけ広告を届けることはできません

Google広告だけでなくどのweb広告媒体でも、媒体上で設定できるターゲティング設定だけでは完璧にターゲット層を絞り込めるわけはなく、ざっくりとしか絞り込めないのです。

そこで、ターゲティング設定に加えて「広告文」や「クリエイティブ」でターゲットを絞り込む意識を持ちましょう。

例えば、20代の女性向けに乾燥肌に効く化粧水を販売したい場合、ターゲティングで「20代」「女性」「美容に興味がある」などを設定します。

上記の場合、年齢や性別・興味までは絞り込めますが「乾燥肌に悩んでいる」かどうかまでは設定できません。

そのため広告文やクリエイティブ内に「冬の乾燥肌にお悩みのあなたに」など、本当に届けたいユーザーが「私のことを言っている」と反応してくれるような文言や画像を組み込んでみましょう。

広告媒体上で設定できる限界を把握した上で、可能な限り想定のユーザーへ効果的に広告配信ができるように工夫をすることが、Google広告を運用する上で重要なポイントです。

まとめ

ここまで、Google広告で成果を出す方法上手く配信するためのTipsについて解説してきました。

Google広告の配信における目標設計や手法など、基礎的ではありますが重要なポイントばかりをご説明しています。

最後に、本記事でご説明した内容に関して簡単にまとめますね。

  • Google広告のメリットは「高い自由度」「ターゲティング精度」「即効性」
  • Google広告の配信に向いている商材は「web上で検討される商材」「リピートされる商材」
  • Google広告を配信するときは「目標」「ターゲティング」「データ計測」の設計を丁寧にしよう

今回ご説明した内容を基に、ぜひGoogle広告を始めたり、改善したりアクションに踏み出してください。

もしも「自社だけでなかなかここまでできない」という方がいらっしゃれば、ぜひこちらのリンクからご連絡くださいませ。

豊富な実績を持つ弊社が、現状をお伺いした上で可能な限りご協力させていただきます。