リスティング広告の費用対効果を上げる方法とは?他媒体より高いって本当?

リスティング広告で成果が出ない方へ。 今こそ見直したい11のポイント
今すぐ無料ダウンロード
リスティング広告で成果が出ない方へ。 今こそ見直したい11のポイント
今すぐ無料ダウンロード
目次
    1. リスティング広告の費用対効果について
      1. リスティング広告の費用の仕組み
      2. 「費用対効果が高い」とは?
    2. リスティング広告の費用対効果は他媒体より高い?
      1. 顕在層にのみ配信できる
      2. 検索順位1位の記事よりも目につく位置に表示できる
      3. クリックでしか費用が発生しない
      4. リアルタイムに成果が確認できる
      5. 細かい設定の調整ができる
    3. リスティング広告のデメリット
      1. 潜在層との相性は悪い
      2. まとまった予算が必要
      3. 自社で出稿するには知識が必要
      4. 良い運用には手間がかかる
    4. リスティング広告で費用対効果が出やすい商材
      1. リピート購入される商材
      2. 急ぎのニーズをもつ商材
    5. リスティング広告の費用対効果を高める方法
      1. 出稿キーワードの調整
      2. 広告の見直し
      3. 配信先の見直し
      4. スマートフォンの掲載を工夫する
      5. LTV(ライフタイムバリュー)を考える
    6. リスティング広告の費用対効果を高めて売上アップを目指そう

リスティング広告は、Web広告の中でも比較的低予算から利用できるため、多くの企業やブランドが出稿しています。

しかし、リスティング広告を配信しても、「思ったように費用対効果が出ないな」と、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そんな時、ただ単純に広告配信を拡大しても、費用がかさむだけで実際の効果につながらない可能性もあります。

この記事では、リスティング広告において、できるだけコストをおさえて費用対効果を上げるポイントをご紹介します。

現在、リスティング広告を運用している方、またはこれからリスティング広告を出稿したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

リスティング広告とは?という方は簡単に解説された下記記事に一度目を通してみてください。

リスティング広告の費用対効果について

リスティング広告とは、検索エンジンにおいてユーザーがキーワード検索を行った際に、上部に表示されるテキスト型の広告です。

まずは、リスティング広告における費用対効果の仕組みについて見ていきましょう。

リスティング広告の費用の仕組み

リスティング広告は、「クリック課金型」とも呼ばれており、ユーザーが広告をクリックするたびに費用が発生します。

ポイントは、広告が表示されるだけでは課金されず、クリックされたときに初めて課金されるということです。

広告主は、出稿したい広告に紐づけるキーワードに対する入札単価を設定し、その後、他競合とのオークションによって広告表示順位が決定されます。

入札単価が高いほど、広告はページの上部に表示されるのでコンバージョン効果も期待できますが、膨大な費用がかかってしまうこともあります。

「費用対効果が高い」とは?

リスティング広告において、「費用対効果が高い」という定義は、広告を配信する目的によって異なります

例えば、問い合わせや商品・サービスの提供などを目的とする場合、コンバージョンの増大が費用対効果につながります。

また、WebページなどのPV数を増やすのが目的で広告を配信する場合は、広告配信後のPV数が費用対効果に直結します。

つまり、具体的な目的を掲げて広告配信することが、費用対効果を上げてリスティング広告を成功させるポイントになるのです。

リスティング広告の費用対効果は他媒体より高い?

リスティング広告は、他媒体のWeb広告に比べ、費用対効果が高くなりやすいと言われています。

その要因としては、以下の5つがあります。

顕在層にのみ配信できる

リスティング広告の費用対効果が高いと言われる一番の要因は、ユーザーのニーズに対してダイレクトな広告を表示できるということです。

ユーザーは何かに興味があったり買いたいと思ったときに、検索エンジンでリサーチしようとします。

つまり、ユーザーの購買行動の導線上にスムーズに広告を配信できるので、実際のコンバージョンにもつながりやすくなるのです。

検索順位1位の記事よりも目につく位置に表示できる

検索エンジンにおいてキーワード検索したとき、通常のユーザーは、上位に表示された記事から順番に見ていく傾向があります。

リスティング広告は、この検索結果1位の記事よりも上部に表示できるので、ユーザーの目にとまりやすくなるのです。

クリックでしか費用が発生しない

リスティング広告は、広告が表示されるだけでは費用が発生せず、クリックされたときにのみ課金されます。

広告をクリックするユーザーは、商材に興味関心のある「見込み客」であり、実際のコンバージョンにつながりやすくなります。

商材にとって最適な「キーワード」を設定しておくことで、より優良な見込み客からのクリックを獲得でき、費用対効果を高めることができます。

リアルタイムに成果が確認できる

リスティング広告のメリットに、広告配信からの即効性の高さもあげられます。

SEO対策を講じた記事を検索エンジンから表示させるのであれば、実際の効果を得るまで最低でも数か月はかかると言われています。

対して、リスティング広告であれば、早ければ数日で広告流入が見込めるのです。

ある程度広告費用はかかりますが、適切な広告運用をすればより高い利益も期待できます。

細かい設定の調整ができる

リスティング広告では、費用対効果を高めるための細かい設定が可能です。

例えば、商材に関係のないキーワードを除外することで、無駄なクリックを省いてコストを削減しつつ、より高い費用対効果を見込めるのです。

自社の商材をアピールしたいターゲット層に絞った広告配信ができるのです。

リスティング広告のデメリット

スピーディーな反応と、高い費用対効果が見込めるリスティング広告ですが、そのメリットゆえの欠点も存在します。

ここからは、リスティング広告のデメリットをご紹介します。

潜在層との相性は悪い

リスティング広告は、ユーザーのニーズに対してダイレクトに広告を配信できる媒体です。

そのため、商材に対しての興味関心に至っていない「潜在層」へのアプローチには向いていません

そのため、企業やブランド、商材の認知を広めたいという場合には、不特定多数のユーザーに広告配信できる「ディスプレイ広告」や「SNS広告」などがおすすめです。

まとまった予算が必要

キーワードに対する単価を決めて、オークションによって競われるリスティング広告では、ある程度まとまった予算が必要になります。

リスティング広告において、費用対効果を見込めるまでに必要な広告費用は、30~50万円程度だと言われています。

また、自社で広告を出稿するのが難しく、広告代理店などに依頼する場合は、少額では受け付けてもらえないこともあります。

自社で出稿するには知識が必要

リスティング広告を運用する際は、キーワード選定や広告内容の作成、予算の調整などの様々な作業が必要になります。

また、より高い費用対効果を目指すには、マーケティングやターゲティングにおける知識やスキルも求められます。

広告運用初心者の場合は、広告配信後の成果を出すのが難しい場合もあるので、広告代理店などのプロにお任せするのも一つの手段です。

良い運用には手間がかかる

リスティング広告においても、広告出稿後からユーザーの反応を分析して、より良い運用を目指すための改善を続けていくことが大切です。

通常タスク作業も並行しつつ、良い広告運用を行っていくには、作業効率を上げることがポイントになります。

リスティング広告で費用対効果が出やすい商材

リスティング広告は、商材との相性によって費用対効果に差が出てきます。

リスティング広告向きだと言われてる種類の商材を3つご紹介します。

これらの商材の広告配信を検討している場合は、リスティング広告がおすすめです。

リピート購入される商材

たとえ1度の購入に対する利益率が高くなくても、リピートされやすい商材は結果的に費用対効果が大きくなりやすいです。

例えば、スキンケアやヘアケア用品などの継続した使用が効果的な商材です。

継続購入が見込めるのであれば、広告単価が高くても、いずれはその費用を回収して利益を上げることができるのです。

急ぎのニーズをもつ商材

ユーザーの購買意思が緊急であるほど、リスティング広告の相性は良いとされています。

なぜなら、ゆっくり選り好みしている時間がないユーザーに、ダイレクトに商材をアピールできるからです。

例えば、葬儀会社やライフラインの修繕など、急を要する商材であるほど、コンバージョンを獲得しやすく、費用対効果の向上につながります。

リスティング広告の費用対効果を高める方法

リスティング広告においては、商材との相性だけでなく、費用対効果を高めるための工夫が必要不可欠です。

最後に、リスティング広告の費用対効果を高めるポイントをご紹介します。

出稿キーワードの調整

リスティング広告の効果を上げるために重要なのは、自社商品の購買につながるユーザーが検索すると思われるキーワードを設定することです。

つまり、コンバージョン率の高いキーワードを優先的に配信することがポイントです。

また、広告配信後に、成果が低いキーワードへの出稿を停止することで余計な費用を削減できます。

広告の見直し

リスティング広告を効率的に運用するには、広告の質の良さも関係しています。

同じ広告費用でも、品質が悪い広告より、品質の良い広告の方が費用対効果につながりやすくなるのです。

広告の質を上げるには、キーワードと広告の関連性を高めたり、クリック先のライディングページの利便性を良くすることなどがあげられます。

つまり、ユーザーがクリックしたくなる広告を配信し、実際のコンバージョン獲得につなげることが、費用対効果に直結するのです。

配信先の見直し

リスティング広告では、ユーザーの年齢や性別などを元にターゲティングを行って広告配信することで、広告費用をおさえることができます。

商材のユーザーが、ある程度の層でかたまっているのであれば、その対象ユーザーに絞った方が費用対効果を得やすいのです。

また、広告配信していく中で、曜日や時間別にコンバージョン効果に差があるのであれば、そのタイミングに合わせて広告を強化していくことも有効です。

そうすることで、無駄なクリックを減らして、コンバージョン見込みの高いタイミングに集中して広告配信できます。

スマートフォンの掲載を工夫する

現在では、スマートフォンの普及率が上がっており、若い人の中にはパソコンは持っていないがスマートフォンは持っているという方も多くなってきました。

ビジネス上においては、パソコンでの検索が主流な部分もありますが、スマートフォンなどのモバイル端末で表示されることも多いことを考えて、広告を配信することも大切です。

逆に、商材がビジネス関係のものであれば、パソコンで検索されることが多いと考えられるので、スマートフォン版の広告は配信しないという手段もあります。

LTV(ライフタイムバリュー)を考える

LTV(ライフタイムバリュー)とは、「顧客が一定期間のうちに購入する売り上げの総額を見る」という考え方です。

例えば、定期購入コースの商材において、月額1,000円で1年間の期間で考える場合、「1年間で12,000円の売り上げが見込める」という計算になります。

コンバージョン効果を高めるために、「初回無料」などの文言を目にすることが多いですが、このLVTを見込んでいるからなのです。

目先の売り上げだけでなく、広告運営を通して長いスパンで考えることも、広告の費用対効果を高めるためのポイントになります。

リスティング広告の費用対効果を高めて売上アップを目指そう

リスティング広告は、Web広告の中でも費用対効果につながりやすい効果的な広告配信方法ですが、まとまった費用や、広告配信のスキルも必要になります。

しかし、リスティング広告と相性の良い商材を、効率的な広告運用で、的確なターゲットに届けることで、短期間で費用対効果を得やすくなります。

リスティング広告の特徴を把握し、費用対効果を高めるポイントを意識して広告運用を行いましょう。