PINTO!株式会社PLAN-Bの情報発信メディア

2020.05.11

前 夏葵

INTERNET ADVERTISING

【2020年最新版】初心者でも簡単!Instagram広告の出し方完全ガイド

WRITER

前 夏葵

株式会社PLAN-B デジタルマーケティング戦略事業部

2017年新卒採用でPLAN-Bに入社。東日本営業部に所属し、日々SEO・WEB広告・サイト制作・インフルエンサーマーケティングのコンサルティングに関わる。営業部リーダーを経て、現在はデジタルマーケティング戦略事業部に異動し、セールスチームのマネジメントを行いながらお客様対応も行う。

目次
    1. Instagram広告とは
    2. Instagram広告出稿方法 STEP⑤
          1.   キャンペーンの目的を選択
          2.   オーディエンスを設定
          3.   広告の掲載場所を指定
          4.   予算と掲載期間を設定
          5.   広告クリエイティブを作成
          6.   ページとリンクを設定
      1. ①FacebookページとInstagramアカウントの連携
      2. ②広告アカウントの作成
      3. ③広告の入稿
        1. キャンペーンの目的を選択
        2. オーディエンスを設定
        3. 広告の掲載場所を指定
          1. Facebook
          2. Instagaram
          3. Audience Network
          4. Messenger
        4. 予算と掲載期間を設定
        5. 広告クリエイティブを作成
      4. ④支払い設定
      5. ⑤広告を掲載
          1. 誤字脱字はないか
          2. クリエイティブは適切か
          3. リンク先は適切か
          4. 配信アカウントは適切か
          5. 設定予算は適切か
          6. ターゲットは適切か
    3. まとめ

世界で5億人以上の人々が毎日見ているといわれているInstagram。みなさんも隙間時間や、寝る前など、ついつい友だちや気になる有名人の投稿を見ているのではないでしょうか?

そんな私たちの生活になくてはならない存在になっているこちらのSNS。今回はそのInstagram広告の出稿方法についてご紹介します。


 

Instagram広告とは

Instagramは動画や写真などビジュアルで訴えかけるプラットフォームの一つです。毎日2億人以上の方々がInstagaramのビジネスアカウントにアクセスし、その中でも60%以上の人々が新しい商品やサービスを見つけています。

今や認知だけでなく刈り取りもできる、なくてはならない媒体の一つと言えるでしょう。

Instagramの基本ついては、下記記事をチェックしてみてください!
Instagram広告の種類や課金方法、配信時の注意点について

 

Instagram広告出稿方法 STEP⑤

 Instagramの出稿方法は下記の5つのSTEPに分かれています。一つ一つ説明していきます。

①FacebookページとInstagramアカウントの連携

②広告アカウントの作成

③広告の入稿

  キャンペーンの目的を選択
  オーディエンスを設定
  広告の掲載場所を指定
  予算と掲載期間を設定
  広告クリエイティブを作成
  ページとリンクを設定

④支払い設定

⑤広告を掲載

①FacebookページとInstagramアカウントの連携

Instagram広告はFacebookと同じ管理画面を使います。そのため、Facebookとのアカウント連携が必要不可欠です。Facebookページをお持ちでない方は、先にFacebookのビジネスアカウントを立ち上げましょう。

Instagramのビジネスアカウントも先に作っておくと作業が早くなります。お持ちのFacebookのビジネスページにアクセスし、右上の「設定」をクリックしましょう。

その次に左側のメニューにある「Instagram」をクリックします。「アカウントをリンク」をクリックすると、Instagramの画面が立ち上がります。

どのアカウントと連携するかを確認し「ログイン」ボタンをクリックします。パスワードを入力した「確認」を押せば、連携が完了です。下記のような画面が立ち上がります。

②広告アカウントの作成

Facebook広告の管理画面(Facebookビジネスマネージャ)にうつり、アカウントの作成に入ります。topページの右上にある「ビジネス設定」をクリックします。その後、左側のメニューにある「広告アカウント」をクリックしましょう。

広告アカウントにある「追加」をクリックすると、モーダルで表示される項目にある「新しい広告アカウントを作成」をクリックします。

管理するための広告アカウント名を入れたら完了です。権限がビジネス管理者になっていないと、広告アカウントの追加ができませんので注意しましょう。

③広告の入稿

訴求したい内容やInstagram広告を運用する目的を確認しながら、さっそく広告の入稿を進めていきましょう。

キャンペーンの目的を選択

広告設定から広告マネージャにぺージをうつり入稿作業を進めていきましょう。

「キャンペーン」タブから「+作成」をクリックしましょう。Instagramは、マーケティングフローに沿った下記の11の目的から選択することができます。

「新しいキャンペーンを作成」をクリックした後ひとつ選択をしましょう。

 

オーディエンスを設定

目的を選んだら、ターゲットの設定を行いましょう。

広告を届けたいユーザーを思い浮かべながら、年齢、性別、地域、言語といった基本的なデモグラフィックの設定を行います。またライフイベントや興味・関心、仕事などの詳細なターゲティングの設定も行っていきましょう。

Facebook同様にターゲティングができるようになっていますので、アプローチしたいユーザーに合わせて選んでいきましょう。狭めすぎてしまうとユーザーが少なくなり、広告配信が伸び悩む可能性もありますので、オーディエンスサイズを見ながら設定しましょう。

広告の掲載場所を指定

広告を届けたい人を選んだあとは、広告を表示させる場所を選んでいきましょう。Facebookと同じ管理画面ですので、広告の配信先にFacebookを選択することも可能です。

こちらですが「自動配置」と「配置を編集」を選択することができます。配置を編集する場合は下記から選択することができます。

Facebook
Instagaram
Audience Network
Messenger

 

初めての配信であれば自動配置を選び、Facebook、Instagramそれぞれどの面の効果が良いか検証してみても良いかもしれません。

予算と掲載期間を設定

次に、予算と掲載期間を設定していきましょう。

予算の設定では、「1日の予算」と「通常予算」から選ぶことができます。1日ごとの予算が細かく決まっている場合は「1日の予算」が好ましいですが、設定した予算に達した場合に自動的に配信が止まってしまうため、機会を失う可能性があるので注意しましょう。

広告クリエイティブを作成

Instagram広告の要といっても過言じゃない広告クリエイティブの設定にうつっていきましょう。

まず始めに「アイデンティティ」の設定です。こちらでは配信するアカウントを選択します。

次に「広告形式」の選択です。

下記リンクから、カルーセルやコレクション広告などの詳細が書かれていますのでご参考ください。

Instagram広告の種類や課金方法、配信時の注意点について

そしていよいよ、事前に作成しておいたクリエイティブを、管理画面にインポートする時です。

プレビューでどのようにストーリーズやフィードで表示されるかご覧いただけますので、ぜひ有効活用してください!テキストも入稿して、伝えたいメッセージを盛り込むように意識しましょう。

④支払い設定

ビジネス設定に戻り、右側のメニュ―の下部にある「支払い」をクリックしましょう。クレジットカードの登録ができたら配信準備は完了です。

⑤広告を掲載

ここまでの入稿作業と支払いの設定が完了すれば、「注文確定」ボタンを押すのみです。改めて入稿内容を下記に沿って確認しましょう。

誤字脱字はないか
クリエイティブは適切か
リンク先は適切か
配信アカウントは適切か
設定予算は適切か
ターゲットは適切か

 

「ターゲット設定を誤ったせいで、サービスを提供している地域以外に配信してしまった…」など起こらないようにしましょう。

まとめ

Instagram広告の出し方は理解できたでしょうか?Facebookの広告出稿をしたことがある方なら簡単かもしれませんが、改めて上記内容を押さえておきましょう!

どの広告媒体もそうですが、配信開始が始まりです。PDCAを回して、クリエイティブやターゲティングの勝ちパターンを見つけていきましょう!