PINTO!株式会社PLAN-Bの情報発信メディア

2019.12.04

新城 豊

INTERNET ADVERTISING

海外から見た「日本人向けWebマーケティング」SNS広告・インフルエンサー編

WRITER

新城 豊

株式会社PLAN-B 事業統括本部 デジタルマーケティング 戦略事業部(西日本) リーダー

2013年に中途入社。Yahoo!・Googleを中心とした運用型広告のプランニングと運用業務に従事。広告周りのクリエイティブやコンテンツマーケティングの運用を経て、現在は動画広告やバナーのクリエイティブ制作を担当。

目次
    1. 日本人向けのWEBマーケティングの販売手段
      1. 2つWEBマーケティング手法
      2. WEBマーケティングで使われている集客手法
    2. WEBマーケティングに欠かせないSNS
      1. SNSの利用率はLINEがダントツ
      2. それぞれのSNSの特徴
    3. 日本のインフルエンサーマーケティング
      1. インフルエンサーは主流のWEBマーケティングになるのか?
      2. 日本でインフルエンサーマーケティングを行ううえで
        1. インフルエンサーの差
        2. ハッシュタグ
        3. 様々なプラットフォームにインフルエンサーはいる
    4. 最後に

日本人向けのWEBマーケティング施策を海外の視点から見たらどうなると思いますか?

前回は日本人向けWEBマーケティングEコマース編をまとめさせていただきました。

今回はSNS広告、インフルエンサー施策に焦点を絞って書かせていただきます。

前回の記事:海外から見た「日本人向けWEBマーケティング」Eコマース編

日本人向けのWEBマーケティングの販売手段

日本人向けのWEBマーケティングの販売手段

日本人向けのWEBマーケティング手法はどういったものがあるのでしょうか?

販売チャネルの整理、SNS、インフルエンサーに至るまでの施策をここからは説明させていただきます。

2つWEBマーケティング手法

小売り業者が日本人向けに、WEBマーケティングで商品販売を行う場合の手段は大きく分けて2つになります。

手段

Eコマースを活用

自社サイト・アプリの立上げ

Yahoo!ショッピング・楽天など

自社でのサイト作成

メリット

多くのユーザーが利用しているため、集客がしやすい。
ポータルサイトのキャンペーンなどで売上が伸びやすい。

自社サイトの為、顧客データを活用できる。
また設定など値決めや運用更新の自由度が高い

デメリット

出稿条件をクリアする必要があり、売上に応じて手数料がかかる。

集客は自力で行う必要があり、広告手法によっては競合と常に比較検討されるケースが多くなる。

前回のEコマース編では日本人に対するWEBマーケティングの手法から、Eコマースの現状についてご説明させていただきました。

ここからは自社サイトを立ち上げて集客を行う場合の手法をまとめていきます。

WEBマーケティングで使われている集客手法

日本人向けの集客手法でよく使われているのが、下記のWEBマーケティング手法になります。

メインのチャネルは「検索エンジン」、「各サイト、アプリ」、「SNS」となり、この3つのチャネルを使いながら集客を行うのが一般的です。

チャネル

特徴

検索エンジン

SEO施策

検索結果の上位にコンテンツを表示させるための施策。

 

Yahoo!スポンサードサーチ

Google広告

検索結果に対して任意のKWや広告文、リンク先を設定し配信する手法。
クリックに対して広告費用を支払う形態が一般的。

サイト上やアプリに表示

純広告

純広告はサイトトップなど目立つ広告枠に期間を指定し広告を配信する手法。
認知施策や規模感の大きいプロモーションに利用される。

アドネットワーク

DSPなど

広告を掲載するメディアの広告枠を買い付けて、広告を出す手法。
純広告に比べて安く、多くの広告を表示することができる。

アフィリエイト

サイトやアプリを運用し、サイト上で広告主の商品やサービスの利用を促す手法。
費用は任意の成果と成果単価によって決まる成果報酬型を使われていることが多い。

SNS

インフルエンサーマーケティング

近年日本でもよく使われている手法。
有名人やSNSのフォロワーが多い人に商品やサービスを利用させ、認知度を高めていく施策。

SNSマーケティング

facebookやInstagram、Twitter、LINEでアカウントを作成し集客を行う手法。

SNS広告

上記の利用者のフィードなどに広告を出稿する手法。
登録者の情報に合わせて表示できるため、ユニークな設定ができることが多い。

また、日本人向けWEBマーケティングを行う際は広告代理店に依頼するのが一般的です。

依頼できる広告代理店は「総合代理店」と「専業代理店」の2つに分かれており、総合代理店はTVや紙なども含めた様々なプロモーション手法を扱っています。

一方で専業代理店はWEBマーケティングが専門となり、広告運用やSEO、サイト制作、アクセス解析などを中心に施策を実施します。

WEBマーケティングに欠かせないSNS

ここからはSNSの利用率や特徴についてご説明させていただきます。

SNSといってもLINEやInstagramなど様々なサービスがありますが、その中で最も利用されているSNSは何でしょうか?

SNSの利用率はLINEがダントツ

日本で最も利用されているSNSはLINEです。

LINE以外ではTwitterやInstagramが順に並んでいます。


出典:Top 5 Social Media Platforms in Japan 2019

それぞれのSNSの特徴

SNSといっても利用者や特徴は様々。

小売業者はどういう風にSNSを使うのか?も加味した販売ストーリーを考えていく必要があります。

SNS

利用者

利用目的

利用者の特徴

LINE

8,000万MAU

メッセージアプリ、電話でのコミュニケーションが中心。
最近ではニュース、ゲーム、PAY、グループなど、サービスの多角化が進んでいる。

40代の利用者が多い一方で、10代の若者の利用割合が1番高い結果となっている。

Twitter

未発表

プラットフォーム上での情報収取、発信、他アカウントとつながりを持つために利用される。

10代~20代の女性が多く使用している。
複数のアカウントを持ち、興味毎のグループとつながりをもっていることも特徴の1つ。

しばし流行語が生まれるため、マーケティングでTwitterを使用する際は流行語を使用し、ブランド認知を高める必要がある。

Instagram

3,300万MAU

写真や、ストーリー(24時間限定配信)メッセージ、LIVEなどのサービスが使われている。

日本人はインスタグラム化が可能な瞬間を捉えてることに夢中。
若い世代になるほど利用率は高まる傾向に。
視覚的なコンテンツだけでなく、テキストを入れた投稿なども楽しまれている。

TikTok

未発表

動画コンテンツの投稿、閲覧などのサービスが使われている。
若い世代に非常に人気でプラットフォーム上で有名な「TikToker」も誕生している。

若い学生など10代を中心に利用されているSNS。
若い世代に急速に使われている一方で、40代以上の世代が増えないことから人気が低下することも懸念されている。

年代別の特徴を捉えるだけでなく、SNS上でどのように自社の商品やサービスが広がるのか?

認知~利用~拡散までのストーリーを想定することがSNSのWEBマーケティングには必要になります。

日本のインフルエンサーマーケティング



ここからは、海外と日本の違いや日本でインフルエンサーマーケティングを成功させるための考え方を紹介させていただきます。

インフルエンサーは主流のWEBマーケティングになるのか?

日本でも注目が大きくなっているインフルエンサーマーケティングですが、海外ではどうなのでしょうか?

市場規模の2020年までの予想グラフ
出典:インフルエンサーマーケティングの市場規模とは?日本および海外における調査結果とプラットフォームの重要性についてご紹介 | expaus

「medhiakix」調査では世界的なインフルエンサーマーケティングの市場は360億円~700億円と発表されています。

一方日本は、260億円と予測されており、海外と比べてはまだ差が大きいのが現状です。

日本人の英語能力は海外と比べて低く、海外のトップレベルのインフルエンサーが日本であまり知られていないことも要因です。

ンフルエンサーマーケティング市場規模 2017年-2028年出典:市場規模4倍に拡大!? インフルエンサーマーケティングは2028年933億円に成長する見通し|Digital InFact

一方で、Digital InFactが発表しているデータでは2017年から10年後には市場は4倍に拡大すると予測されており、今後も注目されるWEBマーケティング手法の1つだと考えられます。

日本でインフルエンサーマーケティングを行ううえで

日本の特徴はいくつかありますが、その中でも特徴的なのが「インフルエンサーの差」、「ハッシュタグ」、「プラットフォーム」の3つになります。

インフルエンサーの差

先ほども記述しましたが、「日本は英語力が低く、コミュニケーションは日本語が中心」となります。

その為、海外と比べてフォロワー数が少ないインフルエンサーが目立ちます。

そのため、日本ではフォロワー数は少ないが、同じ興味関心などのカテゴリに当てはまるインフルエンサー群をまとめて利用するマーケティング手法も広がっています。

ハッシュタグ

ハッシュタグも日本ならでは。

ファッション

#おしゃれさんと繋がりたい

ファッション

#うねうねアクセ

ライフ

#あたおか

グルメ

#おうちごはん

グルメ

#タピる

流行のハッシュタグは新語が多く、「漢字」、「ひらがな」、「カタカナ」を組み合わせたものや、略称、ネットスラングなどが好まれる傾向にあります。

様々なプラットフォームにインフルエンサーはいる

全てのチャネルを活用したインフルエンサーは非常に少ない傾向があります。

ファッションやライフスタイルはInstagramが中心なのに対し、Twitterではカルチャーを発信しているインフルエンサーが多い傾向に。

またティーンではTikTok。エンタメはYouTube、ビジネスではNewsPicksと、インフルエンサーマーケティングを行ううえで媒体選定を行うには日本のSNSの理解が必要になります。

最後に

海外の記事を参考に日本向けWEBマーケティングについてまとめさせていただきました。

Eコマースのトレンド、消費者行動の変化から、WEB施策の違いやSNS、インフルエンサーマーケティングなど様々な施策がある中、具体的なプランニングを行うのはとても難しいことも改めて感じました。


PLAN-Bでは、WEBマーケティングに関連する知識を豊富に持ったフロントやプランナー。

現場で実際に運用や集客施策を行っているストラテジスト。

集客だけでなく、集客効果を最大化するLPOのデザイナーなど様々なメンバーが在籍しています。


具体的なプラン二ングはもちろん、施策単位でのご質問などご興味を持たれましたらお気軽にお問合せください!