PINTO!株式会社PLAN-Bの情報発信メディア

2019.11.05

勝見 隼人

INTERNET ADVERTISING

運用型広告の悩みを一挙に解決、PLAN-Bのデジタルマーケティングとは

WRITER

勝見 隼人

株式会社PLAN-B 事業統括本部 デジタルマーケティング 戦略事業部(西日本) 部長

2017年1月にPLAN-B中途入社。大手旅行代理店、漁師、ベンチャー役員、総合広告代理店と様々な業種を経て今に至る。国内・海外プロモーションにおいてのプランニングから広告運用、解析まで幅広い知識と経験値を保有する。現在はデジタルマーケティング 戦略事業部(西日本)の部長として、インターネット広告運用・Webコンサルティンググループを率いる。

目次
    1. これは納得!運用型広告において、企業が抱える課題トップ5
      1. 課題①:広告費用対効果が見えづらくて腹が立っている
      2. 課題②:人手不足が激しくて目の前のことでパンク、もう無理っていう状態
      3. 課題③:知見を蓄えるのって限界がある、インプットの出来る源が砂漠状態
      4. 課題④:効果測定ってどうするの?データ分析とかよく分からない・・・
      5. 課題⑤:今お願いしている広告会社で良いのかな?もっと良い広告会社あるのでは?
    2. 運用型広告における課題①~⑤を解決するための方法とは?
      1. 課題①:広告費用対効果が見えづらくて腹が立っている
        1. 解決方法:インハウス型の企業の場合はまずプロフェッショナルの基準を知る、すでに広告会社にお願いしている企業の場合はいくつかの広告会社を比較する
      2. 課題②:人手不足が激しくて目の前のことでパンク、もう無理っていう状態
        1. 解決方法:広告会社にお願いをする、あるいは広告会社に常駐の依頼をする
      3. 課題③:知見を蓄えるのって限界がある、インプットの出来る源が砂漠状態
        1. 解決方法:信頼出来る広告会社と付き合いを持つ
      4. 課題④:効果測定ってどうするの?データ分析とかよく分からない・・・
        1. 解決方法:ノウハウ提供型のセミナーに参加しベーススキルを整える
      5. 課題⑤:今お願いしている広告会社で良いのかな?もっと良い広告会社あるのでは?
        1. 解決方法:信頼出来る広告会社と付き合いを持つ
    3. PLAN-Bなら課題①~⑤の全てを解決出来るソリューションを備えています
      1. 低価格で高品質、運用型広告のインハウス支援サービス
      2. PLAN-B:広告予算の大小に限らずお客様KPI達成率80%以上の運用実績
      3. 運用実績はいつでも確認OK、毎月の定例会は1社1社に合った場を提供
      4. 企業向けのセミナーを実施
      5. 無料で提供しているアカウント診断や提案希望をフル活用
    4. PLAN-Bで提供できるソリューション

これは納得!運用型広告において、企業が抱える課題トップ5

課題①:広告費用対効果が見えづらくて腹が立っている

広告費用対効果の見えづらさという観点において、自社で広告運用をしているインハウス型の企業と広告会社に運用型広告をお願いしている企業とで、大きく2つに分けて考えることが出来ると考えています。

前者のように自社で広告運用を行っている企業が抱えている、見えづらさというのは運用型広告における知見があまりないマーケティング担当者が「運用型広告を少額予算で試してみよう」という発想から、実際に運用型広告を自社で運用してみたものの、入札戦略や広告用クリエイティブのPDCA方法が分からずに「運用型広告って効果が出づらい」と早々に諦めてしまうパターンです。

広告費用対効果が見えづらい

一方で、後者のように広告会社に運用型広告をお願いしている企業が考える見えづらさというのは予算が少なくて十分なリーチが取れず効果が出ていない、お願いをしている広告会社の施策内容が不透明且つ思うような成果が出ていないなどが挙げられます。

課題②:人手不足が激しくて目の前のことでパンク、もう無理っていう状態

IT業界での人手不足が目立つご時世ですが、正直社内で運用型広告を含むプロモーション全般をインハウス化したいという企業は非常に増えています。

同時に運用型広告だけではなく、もっと幅広い且つ長期的なプロモーションを広告会社と一緒に行っていきたいという企業も増えています。そういった要望があるにも関わらず、出来ていないという現状があるのは大きな要因として社内の人手不足が挙げられます。

広告運用者の人手不足

「広告の基礎レベルを備えているくらいで良いので人を2-3名貸してくれませんか?」最近本当にそういった問い合わせが増えたと感じます。

課題③:知見を蓄えるのって限界がある、インプットの出来る源が砂漠状態

運用型広告において、基礎的な始め方や入札ルールなど最低限の情報はググって解決することが出来るかも知れません。

しかし運用に慣れてきてさらに高度な施策を展開したい、深い効果測定を行いたいとなった場合、企業の担当者はどこでインプット問題を解決するのでしょうか?

広告のノウハウのインプット

広告会社にお願いをしている企業であれば、週次や月次での定例会で媒体アップデート情報や日々の施策を通じて知見を貯めることが出来るかも知れません。

課題④:効果測定ってどうするの?データ分析とかよく分からない・・・

社内で運用型広告を実施している企業の担当者は、どこまで深い効果測定が出来ているでしょうか?

獲得をKPIとして置いている企業において、多くの担当者がコンバージョン数のカウントレベルでしか指標を追えていないのではないかと感じています。

広告運用における効果測定

本来であれば外部ツールなどを活用しSEOや運用型広告、オフラインなどをクロス分析したりオフライン広告であれば認知度調査を実施したりと、売上などのKGIに対して継続的且つ定点的に効果測定を行っていくことがビジネスの発展に繋がります。

課題⑤:今お願いしている広告会社で良いのかな?もっと良い広告会社あるのでは?

「こちらから連絡しないと対応してくれない」「提案頻度が少ない」「成果の進捗が見えづらい」「放置されている感じがある」など企業の担当者がお願いしている広告会社に対して感じる不信感は様々です。

やっぱり汎用性のある施策提案を行ってくれる広告会社よりも、真のマーケティングパートナーとして一緒に自社や事業の成長を歩んでくれる広告会社が良いですよね。

運用型広告における課題①~⑤を解決するための方法とは?

課題①:広告費用対効果が見えづらくて腹が立っている

解決方法:インハウス型の企業の場合はまずプロフェッショナルの基準を知る、すでに広告会社にお願いしている企業の場合はいくつかの広告会社を比較する

自社で広告運用を行っている、あるいはこれから行おうと思っている企業の担当者の方は、まず広告会社が実際に行っているプロフェッショナルの基準を知るということから始めると良いと思います。

広告運用のプロフェッショナルの基準

基準が分からないまま運用型広告の施策を行っていてもこれが正解か否かがいつまで経っても分からず、ゴール設計が出来ないためです。
まずは基準を知り、自社でいつまでにどこまでを目指すかの設計とそれに対して何が今足りないのかを明確にする必要があります。

すでに広告会社に運用型広告をお願いしている中で広告費用対効果が見えづらいというのであれば、これは広告会社が手を抜いている、あるいは運用型広告における成果を出すためのノウハウが少ないということが考えられます。

すぐにでも他の広告会社に相談をし、今の状況からどこまで成果を残すことが出来るのか広告配信シミュレーションや施策提案の依頼をしてみましょう。

課題②:人手不足が激しくて目の前のことでパンク、もう無理っていう状態

解決方法:広告会社にお願いをする、あるいは広告会社に常駐の依頼をする

人手不足が原因で運用型広告の施策を進めることが出来ない場合、まずは業務における棚卸しを行い、やらなくて良いことや優先事項を明確にします。

それでも業務過多で効果測定や日々の運用が出来ないという場合はプロモーション予算に見合った広告会社にお願いをしてみることをオススメします。

なぜプロモーション予算に見合う必要性があるのかという点に関しては業界大手の広告会社に少額予算のお願いをして疎かに対応されたという声をよく聞くからです。

広告代理店への依頼

また、運用型広告全てをお願いするというよりは、一番工数が発生している部分でありながら広告会社に依頼をした方がリターンが大きいと思えるところから依頼をしてみましょう。

人手不足を解消するもう一つの方法は広告会社から常駐出来る人を貸して貰うという方法です。サービスとして公開している広告会社は少ないですがある程度の関係性を構築出来ていれば、常駐の依頼を受けてくれる場合があります。

課題③:知見を蓄えるのって限界がある、インプットの出来る源が砂漠状態

解決方法:信頼出来る広告会社と付き合いを持つ

もし広告会社に運用型広告をお願いしている企業であれば、毎月の定例会などで広告会社が媒体のアップデート状況や競合他社の動きなどを共有してくれる場が定期的に発生します。

しかし始めから社内で運用型広告を行っている企業はググって情報を拾う、定期的に広告会社の提案を受け、一時的なインプットを行うということしか出来ません。

もしすでに広告会社にお願いをしているという場合は付き合いのあるうちに自社で直接知見を蓄えたい旨を伝えどういったルートでインプットを進めていけば良いかを聞いてみましょう。

広告専業代理店ならではの知識や情報

広告会社にしか媒体アップデート情報などを開示していない媒体社もありますが基本的にはオープンになっています。

広告会社を使っていないという企業の担当者は、無理に外注を行わないまでも信頼できる広告会社を最低1社は持っておく方が望ましいです。

課題④:効果測定ってどうするの?データ分析とかよく分からない・・・

解決方法:ノウハウ提供型のセミナーに参加しベーススキルを整える

運用型広告に関して簡単に使える効果測定向けの有料ツールなど多く存在していますが、まずはグーグルアナリティクスを完全にマスターしておくことが効果測定を行っていく上での第一歩となります。効果測定を行うことの目的を明確にし、グーグルアナリティクスでカバー出来ない部分が分かってからでも外部ツールの導入は遅くありません。

また、複数の運用型広告を実施している場合は1つの広告効果測定を行うのではなく、全体を通して長期的且つ定点的に測定を行っていくことが事業の成長にも繋がってきます。

課題⑤:今お願いしている広告会社で良いのかな?もっと良い広告会社あるのでは?

解決方法:信頼出来る広告会社と付き合いを持つ

広告会社に運用型広告をお願いする理由は様々だと思いますが基本的に抑えておきたい選定基準は以下となります。

  1. 自社の予算と広告会社の最低出稿金額が乖離しすぎていないか?
  2. 運用体制がしっかりとしているか?少人数ではないか?
  3. 幅広い媒体の取り扱いを行っているか?
  4. 定例会や提案頻度が少な過ぎないか?(最低でも月に1回)
  5. 質問に対する返信スピードは早いか?
  6. 自社の商品のことを理解してくれている信頼出来る担当者か?

たまに料金が安いからという理由で広告会社を選んでいる企業もありますが、あまりにも安過ぎる広告会社はサービスレベルも低いことが多いので出来れば避けましょう。

PLAN-Bなら課題①~⑤の全てを解決出来るソリューションを備えています

低価格で高品質、運用型広告のインハウス支援サービス

3,000社以上の取引実績を持つPLAN-Bでは30以上の業種で培ったノウハウを保有しているコンサルタントがインハウス支援を行っています。運用型広告の経験歴5年以上の業界に疎通したスタッフだからこそ提供出来るノウハウを全て「分かる」ではなく「出来る」レベルまで提供します。

広告運用のフロー

成果が出ない、運用型広告のインハウス化を予定しているなど幅広い課題にお応えします。
3ヶ月からの教育スケジュールで業界内でも低価格となっています。

PLAN-B:広告予算の大小に限らずお客様KPI達成率80%以上の運用実績

PLAN-Bの社内では常にお客様から頂くKPI(CPAやROASなど)やKGI(売上など)の達成率を上げるための議論が広告運用担当者間で行われています。だからこそお客様のKPI達成率は安定して80%以上と業界水準と比較すると高い数字を保っています。

PLAN-Bでは100万円以下の予算の場合、毎月固定額でのご提供、100万円以上の予算額では予算額に応じたマージン制で運用型広告の代行を受けています。

代行内容など細かいサービス内容はぜひお問い合わせ下さい。

運用実績はいつでも確認OK、毎月の定例会は1社1社に合った場を提供

PLAN-Bではお客様への透明性を担保するために毎月の定例会とは別に日々の運用実績をお客様ご自身で簡単に確認出来るツールを無償で提供しています。

ATOM管理画面

毎月の定例会では、月次の振り返りと翌月の戦略方向性、媒体アップデート情報など
テンプレート化された定例の場ではなく、1社1社に合った報告及び議論の場を設けています。

企業向けのセミナーを実施

PLAN-Bでは営業色の強いセミナーではなく、参加して頂いた企業の担当者が「参加して良かった」と思って頂けるようなノウハウ提供型のセミナーを実施しています。

自社主催のセミナーから、ご依頼頂いて訪問させて頂く形でのセミナーなど幅広く対応をしています。
効果測定の初動で最低限習得しておきたいグーグルアナリティクスのスキルアップセミナーなども行っているのでぜひこちらのセミナー情報からチェックをしてみて下さい。

無料で提供しているアカウント診断や提案希望をフル活用

PLAN-Bでは広告運用者、マーケティングプランナー、アドクリエイターなど幅広い専門職を兼ね備えたスタッフが多く在籍しています。スタッフはそれぞれの専門領域を持っていますが全員が運用型広告のスキルを習得しているため運用型広告の知見を前提にご提案が可能です。

少し興味がある、今の広告会社の成果と比較したいなど無料でアカウント診断なども行っておりますのでぜひご相談下さい。

PLAN-Bで提供できるソリューション

カテゴリ

ソリューション

参考価格

運用型広告

Google 広告(YouTube含む)

100万円/月~

Yahoo! プロモーション広告(Yahoo!スポンサードサーチ・YDN)

100万円/月~

Facebook広告(Instagram広告)

50万円/月~

LINE Ads Platform

50万円/月~

Twitter

50万円/月~

各種DSP

50万円/月~

動画広告・純広告やタイアップ広告など

50万円/月~

その他、バナーや動画などの広告制作

3万円/月~

オフライン広告

TV CM

都度お見積り

交通広告

都度お見積り

デジタルサイネージ

都度お見積り

看板広告

都度お見積り

SEO・CROサービス

各種SEO施策

5万円/月~

LP制作、LPO、EFOなど

20万円/月~

インハウス支援

継続型・スポット型など

30万円/月~

ブランディングを目的とした動画広告ではなく他社では出来ない獲得を目的とした動画制作や獲得型動画広告(ダイレクトレスポンス)も提供しています。

PLAN-Bのデジタルマーケティングはその名の通り媒体の単発提案ではなく、企業のKGI及びKPI目標を達成するために最適なソリューションを組み合わせ、1社1社の企業課題や事業戦略に沿った複合的な戦略を提供することを心がけています。

マーケティングパートナーとしてスタッフ一同ぜひご相談をお待ちしております。