PINTO!株式会社PLAN-Bの情報発信メディア

2019.09.13

藤田 麻里子

INTERNET ADVERTISING

これだけはおさえて!CVボタン改善でCVRを劇的に上げるための3つの方法

WRITER

藤田 麻里子

株式会社PLAN-B 事業統括本部 デジタルマーケティング戦略事業部(東日本)

2019年4月にPLAN-Bに新卒入社。
大学時代は学生向け海外ビジネスインターンの運営に携わり、営業を経験。
その後ベンチャー企業で働きながらダイレクトマーケティングを学び、インハウスのリード獲得からファネル構築、CRM・改善を担当。
現在はデジタルマーケティング戦略事業部(東日本)に所属し、お客様の事業拡大を目標としたWEB広告の運用とプランニング業務に従事。

目次
    1. そもそもCVボタンとは?
    2. これだけはおさえて!CVボタン改善でCVRを劇的に上げるための3つの方法
      1. 配置:CVボタンは、LP内において1番目の付く場所に1つだけ置く
      2. デザイン:認識されやすいデザインはこれ!
      3. コピー:文言がユーザーの行動を左右する
    3. まとめ

WEB施策において、こんなお悩みありませんか?

・LPへの流入は増えているのにCVRが上がらない
・LPに課題があるのはわかっているが、どこから手をつけたらいいからわからない
・すでにLPの改善施策を行っているが効果がでない

もし、いずれかに当てはまるのであれば、まずは“CVボタンを少し変える”だけでCVRの劇的な改善がみられるかもしれません。
今日は、WEBプロモーションにおけるLPの要素の中で最も重要といっても過言ではないCVボタンの改善方法について、3つご紹介したいと思います。

そもそもCVボタンとは?

CVボタンとは、LP に訪れたユーザーを顧客に転換(コンバージョン)させるための重要なボタンのことです。
LP訪問後、ユーザーにとって欲しい行動を促すためのボタンなので、CTAは(call to action)とも呼ばれています。
そんな重要な要素なのですが、以外とおろそかになっているLPやサイトが多く見受けられます。

これだけはおさえて!CVボタン改善でCVRを劇的に上げるための3つの方法

そんな重要なCVボタンですが、一体どこにおけばいのか?どんなデザインにすればいいのか?そもそもどの要素が改善の選択肢としてあるのか、わからないとの声を多く聞きます。

CVボタンの改善要素を大きくわけると、

  • 配置
  • デザイン
  • コピー

これらの3つになります。ここからは、上記3つの要素にわけて、CVRを大幅改善するためのCVボタン改善施策をご紹介したいと思います。

配置:CVボタンは、LP内において1番目の付く場所に1つだけ置く

CVRを上げるためには、ユーザーが流し読みをしていても目を引くような、LP内の目立つ場所に配置させることが大切です。
なぜなら、あちこちにCVボタンがあると、ユーザーは迷ってしまい、めんどくさいと感じで離脱してしまうことが多いのです。

LPが下図左側のようなレイアウトの場合は、CVボタンは1番下に置くことを守りましょう。
ブログ型のサイトの場合は、右図のようにバナーや関連記事など要素が多くなるため、右上と通常の下部のボタンの2つを配置することで離脱を防ぐことができます。

又、LPの形態に問わず、内容の多い長めのLPであればユーザーがCVボタンに到達する前に離脱する可能性がかなり高いです。
そのため、ユーザーを追いかける形の動的な「追尾型CVボタン」を設けることも重要になってきます

デザイン:認識されやすいデザインはこれ!

CVRを上げるためには、CVボタンを目につきやすい場所に配置させて、さらにCVボタンを注目させるデザインにすることが大切です。
そのためには、色、大きさの工夫がかなり大事なものになってきます。

まず、色に関して、Firefox社のテスト分析によると、

1位 緑
2位 青
3位 紫
4位 オレンジ
参照元:https://blog.mozilla.org/metrics/2009/06/19/firefox-is-green/

という、結果が発表されていて、「緑色のボタンからのダウンロード数が他の色と比べて、3倍以上多かった」ということがわかりました。

また大きさに関しても、LP内の他の要素と同じ大きさにしてしまうと埋もれてしまい、受け身であるユーザーが見逃してしまう可能性が高くなるので、なるべく、間隔をあけて、大きく配置しましょう。

コピー:文言がユーザーの行動を左右する

CVボタンに書かれているコピーをラベリングと言います。
CVボタンのすぐ近くのコピーを「マイクロコピー」と言います。
このラベリングやマイクロコピーがCVRを上げる重要な要素になってきます。

ここで意識すべきポイントは1つで、「クリックすると何が起きるのか」を明確に示すことです。
そうすることで、ユーザーが不安感を覚えず、クリックできるようになるのです。

現状のラベリングは、いかがでしょうか?もし不安な場合は以下の3つを確認してみてください。

・簡単さがアピールできてるか?
 →5分で簡単登録など手間のかからないことが伝わっているか

・お得感があるか?
 →今ここで買うことを肯定するために割引があれば明記しましょう

・訪問者目線の文言になっているか
 →購入ではなく、手に入れるなどユーザーの普段使っている文言を使用しましょう

まとめ

配置、デザイン、コピーについてご紹介してきましたが、あなたのLPのCVボタンの現状はいかがでしょうか?

ご紹介した施策を1つずつ検証することで着実にCVRが改善されていきますので、ぜひともすぐに試していってください。又、CVボタンの改善で最も重要なのは、今まで述べてきたような施策テストを行って、あなたのLPに合う最適なCVボタンを見つけることです。

やりっぱなし、でなはく、テスト検証を重ねていくことをおすすめします!

今回はCVボタンの改善をご紹介いたしましたが、1から広告に最適なLPを作りたい、今のLPのどこに課題があるのかわからない、課題はわかっているけど手が回っていない、などなど、、、LPやサイト改善についてお悩みでしたら、ぜひ弊社へご相談ください。

「LPOって何すればいいの?」CVRをグングン伸ばす方法を伝授します!

WEBプロモーションにおいて大きな成果を生み出すLP作成・改善のサポートをいたします!