PINTO!株式会社PLAN-Bの情報発信メディア

2019.09.02

山口 大輔

INTERNET ADVERTISING

MEO対策-Googleマイビジネスを活用したインバウンド施策って?

WRITER

山口 大輔

株式会社PLAN-B 事業統括本部 インターネット広告事業部西日本 リーダー

畑違いである研究機関での仕事を経て、PLAN-Bに2016年中途入社。現在は、Yahoo!・Googleを中心とした運用型広告、FacebookなどのSNS広告コンサルティングと運用業務に従事。

目次
    1. 1.MEO対策とは
    2. 2.MEO対策がインバウンド需要に有効な理由
    3. 3.Googleマップの特徴
    4. 4.Googleマイビジネスとは
      1. Googleマイビジネスでビジネス情報を管理するメリット
        1. ①店舗・場所イメージの想起が可能
        2. ②最新のビジネス情報をユーザーに届けることが可能
        3. ③クチコミをもとにユーザーと交流が可能
        4. ④サービス・キャンペーン情報のアピールが可能
        5. ⑤インサイト機能によりユーザー行動とマイビジネス情報閲覧後の行動把握が可能
    5. 5.Googleマイビジネスはインバウンドにも有効
      1. ①Googleマイビジネスに掲載した情報は閲覧しているユーザーが使用する言語へ自動的に翻訳可能。
      2. ②日本語で書いたクチコミも翻訳されるため日本語圏以外の方でも日本人に人気のお店が検索可能。
      3. ③メニューページや来店予約ページも掲載出来るので来店のきっかけ作りが可能。
    6. 6.まとめ

訪日外国人は年々増加傾向にあり、今では月に300万人弱が訪日しています(2019年8月現在)。
2020年には東京オリンピックが開催され、2025年には大阪万博が開催され、ますます訪日外国人は増加することが見込まれます。

今後、増加傾向にある訪日外国人に対してビジネスを行うことは、必須であると考えられます。
そこで重要となってくるのはMEO対策のGoogleマイビジネスの活用です。
Googleマイビジネスを活用してMEO対策を行い、インバウンド需要に備えましょう。

1.MEO対策とは

「MEO」とは、Map Engine Optimization の略で、マップエンジン最適化という意味になります。
マップとは、Googleマップのことを指しており、店舗のローカル検索結果を上位に表示させることをMEO対策と呼びます。

ローカル検索とは、「大阪 ホテル」や「近くのスーパー」とユーザーが今いるエリアから近い施設を検索することを言います。
ローカル検索の数は年々増加傾向にあるため、店舗を持ったビジネスを行っている事業者の方は、MEO対策は必ず行わないといけません。

2.MEO対策がインバウンド需要に有効な理由

日本人だけでなく、訪日外国人に対してもMEO対策を行うことが有効なのかという点に関しては、THE MANIFEST という海外のコンサルティング会社が興味深い調査を行っています。

その調査結果により、

・SP所有者の3/4以上が定期的にナビゲーションアプリを使用している。

・Googleマップは、最も人気のあるナビゲーションアプリ。2番目に人気のあるアプリWaze
 に比べて6倍近く多くの人に推奨されるナビゲーションアプリである。

・スマートフォン所有者の3分の1(36%)以上が、現在地を離れる前にナビゲーションアプリを
 使用している。34%が途中でそれらを使用し、30%が出発前と途中で等しく使用。

 ということが分かっています。

つまり、海外のほとんどのユーザーは、Googleマップを利用しており、目的地に行く前にナビゲーションアプリを活用しているのです。
訪日中ならなおさら使用頻度は高くなることが予想されます。

3.Googleマップの特徴

インバウンド対策にGoogleマップを活用することは効果があると感じていただけたでしょうか?
それでは、Googleマップの特徴についてふれていきます。

ユーザーの言語に合わせてローカライズしてくれる
ユーザーが使用しているデバイスの言語に合わせて、情報を自動的にローカライズしてくれます。

目的地までの最適経路をルート検索できる
自動車、公共交通機関(鉄道・バスなど)、徒歩の各移動モード別に検索提示できます。

スポット情報が確認可能
各種施設、公園、史跡その他の地点データは、WEBサイト、施設情報、写真等のメディア、ユーザーのレビュー等を記入でき、各ユーザーで。お気に入り等のマークを付ける事も可能。

4.Googleマイビジネスとは

それではどうやって、Googleマップ上に情報を提示できるのかと言うと、ここで登場するツールがGoogleマイビジネスです。
Googleサービス(Google検索やGoogleマップなど)上に実店舗のビジネス情報を表示し、管理することができる無料ツールとなります。

Googleマイビジネスでビジネス情報を管理するメリット

①店舗・場所イメージの想起が可能

・写真投稿が可能。また動画も活用可能。
・住所、ピンドラッグをもとにMAP位置の調整が可能

②最新のビジネス情報をユーザーに届けることが可能

・営業時間やサイト、電話番号、地域を編集可能
・アプリよりオンライン公開情報をいつでも更新可能

③クチコミをもとにユーザーと交流が可能

・店舗や商品、サービスの写真を投稿可能
・ユーザーが投稿したクチコミを収集して返信可能

④サービス・キャンペーン情報のアピールが可能

・オンライン上でビジネスの宣伝効果が高まるため、新規顧客と接触可能
・ユーザーを自社のウェブサイトに誘導可能

⑤インサイト機能によりユーザー行動とマイビジネス情報閲覧後の行動把握が可能

・ユーザーがお客様のビジネス情報を検索した方法が確認可能

・ユーザーがリスティングに対して行なったアクションが確認可能

・ユーザーがビジネスまでのルートを検索した領域が確認可能

 ・お客様の写真の枚数と表示回数を同業他社と比較可能

5.Googleマイビジネスはインバウンドにも有効

①Googleマイビジネスに掲載した情報は閲覧しているユーザーが使用する言語へ自動的に翻訳可能。

英語、中国語、韓国語だけでなくドイツ語、フランス語、ロシア語など幅広い言語に対応しています。

②日本語で書いたクチコミも翻訳されるため日本語圏以外の方でも日本人に人気のお店が検索可能。

特に欧米の方はクチコミを非常に重視する傾向にあります。日本でメジャーなグルメサイトは外国語対応のサイトは用意されていてもクチコミまで外国語対応がされていないことが多いです。
よって、インバウンド向けのGoogleマイビジネス使用は非常に有用と考えられます。

③メニューページや来店予約ページも掲載出来るので来店のきっかけ作りが可能。

業態のカテゴリーによって、通常のホームページのURLに追加して、別のURLを加えることができます。
外国人は日本人よりも宗教観やベジタリアンなど考慮しなければならないこともあります。
このような観点からも、自社がしっかり考慮しているお店ということをアピールしましょう。

6.まとめ

インバウンド施策を行うには、MEO対策は必須です。MEO対策は、無料のGoogleマイビジネスを活用することで始めることが出来ます。

まだMEO対策を行っていない事業者様は一度、弊社にお問い合わせください。Googleマイビジネスの登録代行だけでなく、インバウンド施策のお手伝いをさせていただきます。