PINTO!株式会社PLAN-Bの情報発信メディア

2019.09.13

水野 皓章

INTERNET ADVERTISING

「LPOって何すればいいの?」CVRをグングン伸ばす方法を伝授します!

WRITER

水野 皓章

株式会社PLAN-B 事業統括本部 インターネット広告事業部西日本

インターネット広告事業部西日本において、プランニング、広告運用、クリエイティブ関連と幅広い業務に従事。好物は、ユニークな企画やコンテンツを考えること。

目次
    1. LPO(ランディングページ最適化)とはすなわち「訪れた人へのおもてなし」
    2. LPOを成功させるための3つの施策
      1. LPの課題と伸びしろを見つける定量・定性分析
      2. CVRを伸ばすための改善施策の立案
      3. 仮説の答え合わせを行うLPのABテスト
    3. LPOはコンバージョン率を最適化し、売上を最大限に高めるための施策
    4. お客様の課題に寄りそうPLAN-BのLPOプラン
    5. 「今のLPは完璧ですか?」LPOプランを利用する4つのメリット
      1. 1.以前ABテストをして効果が伸びなかった…でも大丈夫!
      2. 2.有名じゃない商材なので…どんな商材でもLPOはできます!
      3. 3.計測ができていない…可視化しませんか?
      4. 4.デザイナーがいない…デザインもお任せください!
      5. 今のLPは完璧ですか?

突然ですが、LPでこんな悩みはありませんか?

・集客だけの施策に限界を感じている
・現在のLPが良いものなのか悪いものなのかわからない
・感覚的にLPに課題を感じるけれど、具体的にどう改善するのかわからない
・LPの課題箇所ははっきりしているが、忙しくて手が回らない

LPO導入

資料DLはこちら

ご相談はこちら

 

LPO(ランディングページ最適化)とはすなわち「訪れた人へのおもてなし」

上記のような悩みを解決するのが、PLAN-Bが提供するLPOサービスです。

LPO(Landing Page Optimization=ランディングページ最適化)とは流入してきたユーザーが離脱すること無く目的を達成出来るように、分析や検証を行いながらLPを改善し、CVRを向上させていくことを指します。

おもてなし

施策個所

施策内容

第一声でのお声がけは?

ファーストビュー

キャッチコピーの検証

どこで購入ができるの?

CVエリア

ボタンの色と文言の検証

お会計をもっとスムーズに

エントリーフォーム

回答文言を最小限に変更

上記はLPOの検証個所の一部で、課題のありそうな個所を複数パターンでテストし、最適解を見つけていきます。

LPOはおもてなし
わかりやすく言うと「LP」という場所に来ていただいたお客様への「おもてなし」を繰り返し行い、「最適なおもてなし」を見つけだします。
とは言え、どのようなおもてなしをすればいいか、やみくもに考えるだけでは答えはでません。

LPOを成功させるための3つの施策

PLAN-Bは、そんな課題を解決するプロフェッショナルとして、実際にLPに訪れるお客様のニーズや行動データ、培ってきたノウハウなどをもとに、LPに訪れた人に対して「最適なおもてなし」を目的としたお手伝いをさせていただきます。

 「分析→改善施策の立案→ABテスト」のサイクルを回すことで、ページの改善を図りCVRを最適化していきます。

LPの課題と伸びしろを見つける定量・定性分析

各種ツールやリストを用いながら「定量」と「定性」の両軸で分析します。

具体的にはGoogle Analyticsなどのサイト解析ツールを使った定量分析、ヒートマップでの調査。そしてPLAN-B独自のチェックシートを活用します。

LPの分析
「ページのどの箇所が課題となっているのか」や「どの部分に伸びしろがあるのか」などを確認し、LPO施策を行うべき部分を明確にします。

データと経験則の両方を組み合わせて分析を行うことで、クリティカルな施策の立案につなげます。

CVRを伸ばすための改善施策の立案

分析によって見つかった課題を、優先度順に分類し、スケジューリングを行います。

施策はスピード感があり、尚且つインパクトが大きいものを選定します。

CVRを伸ばすための施策
 

それぞれの課題に対して、具体的にどのような施策を行うかを決定します。

例えば「押してほしいはずのボタンが押されていない」という課題があり、

その原因を「緊急性が高いにも関わらず、落ち着いた配色のボタンだった。」と分析した場合にその色を何色にするのか?を決めるのがこの段階です。

仮説の答え合わせを行うLPのABテスト

立案した施策を実際に1つずつ検証していきます。

1つずつ行う理由としては、どこを変えたことによって効果がどうだったか、を正確に把握するためです。

ABテストを行うことで「実際にユーザーからの反応がいいもの」を定量的に判断することが可能になります。

LPのABテスト
PLAN-Bが施策に用いるツールでは自動でページの出し分けを均等に行うため、正確なABテストが可能です。

更にツールを利用することでコーディングなしで「テキスト/画像/ボタンの色」が変更可能なため、スピーディーにテストが行えます。

これらを継続的にテストして行くことで、持続的にCVRの向上を図っていきます。

LPOはコンバージョン率を最適化し、売上を最大限に高めるための施策

ランディングページを最適化するということは「コンバージョン率を高める」ということです。

LPを新しく作り検証することもできますが、結果しか追えないため、どういう施策が効果につながったのかを明確にすることができません。

CVRを高める施策は軽視されやすい

仮設をもとに施策を実施することはとても重要ですが、新しいLPを作るだけでは答え合わせができません。

どこから来た人、どんな人に対して、何の施策がどう影響したのか?の答え合わせを進めることがLPO施策の第一歩です。

お客様の課題に寄りそうPLAN-BのLPOプラン

PLAN-BのLPOサービスはお客様の課題に合わせたプランを複数ご用意しております。

LPにおいてもっとも大事だと言われるファーストビューのみに対象を絞り、最適化を図るプランもございます。

LPOプラン例

費用感なども含め、プランの詳細についてはお気軽にお問い合わせください。

「今のLPは完璧ですか?」LPOプランを利用する4つのメリット

LPOプランはCVRを最大限高めるための施策で、メリットは大きく分けて4つになります。

LPOのメリット

1.以前ABテストをして効果が伸びなかった…でも大丈夫!

「ABテストをしたけど効果が伸びなかった…。」こういった話をよく耳にします。

効果が伸びない原因はABテストの質だけでなく、集客やテストの箇所の分析ができていないことによるものが多い可能性があります。

過去の事例として、ABテストでも効果が伸びなかったサイトのボタンを変更しただけで、遷移率が3倍に高まり、CVRが大きく伸びた例もございます。

「テストをした」よりも「xxのテストの結果はxxだった」と検証方法を一緒に見直しませんか?

2.有名じゃない商材なので…どんな商材でもLPOはできます!

「あまり有名な商材じゃないから効果が出ないんじゃ…。」もちろん商材の認知度によって効果は大きく変わります。

ページに訪れた人の態度を変容させるのがLPの役割です。

LPでいうところの態度変容は「コンテンツの読了」「ボタンなどのクリックや遷移」「登録や購入などのコンバージョン」になります。

広告のルールに反していないLPであれば、どの商材でもLPOは実施できます。

「商材や商材の認知度に問題があるから…。」と感じているなら、「商材をどう知ってもらえばコンバージョンに繋がるのか?」を一緒に考えさせてください。

3.計測ができていない…可視化しませんか?

「数値が計測できていないので、どういう状況かわからない。」最近ではITPの影響もあり、スマートフォンの効果測定が難しくなっています。

サイトへの集客からサイト内の行動を可視化することは、LPOではとても重要になります。

またどういった人をどのように集めているのか?も仮説を立てるうえでとても参考になります。


もし計測方法や解析にお悩みの際は、「誰がどこでどう知って、サイトでどのような行動をしたのか?」を可視化するお手伝いをさせてください。

4.デザイナーがいない…デザインもお任せください!

「施策はわかったけどデザイナーが…。」そういったお悩みも解決させてください。

施策が必要な個所のデザインやディレクションもご対応させていただいております。

先ほども紹介させていただきましたが、ツールを利用することでコーディングを行わずに施策を打つことが可能です。

施策立案から、スピーディーな施策実施までを弊社にお任せください。

今のLPは完璧ですか?

「施策で使われているLPに問題はございませんか?」

「ずっと同じ集客手法、LPを使っていませんか?」

弊社のLPOサービスはお客様のCVRを高めるためのサービスです。

LPOに関する資料も下記のリンクからダウンロードが可能です。ご質問も含めてお気軽にお問合せくださいませ。