PINTO!株式会社PLAN-Bの情報発信メディア

2019.06.07

新城 豊

INTERNET ADVERTISING

CTA施策でCVR(成約率)を高めませんか?簡単にできるボタン検証5つのポイント!

WRITER

新城 豊

株式会社PLAN-B 事業統括本部本部 インターネット広告事業部西日本 リーダー

2013年に中途入社。Yahoo!・Googleを中心とした運用型広告のプランニングと運用業務に従事。広告周りのクリエイティブやコンテンツマーケティングの運用を経て、現在は動画広告やバナーのクリエイティブ制作を担当。

目次
    1. CTA(Call To Action)は行動喚起のこと
    2. CTA施策で効果を高めるためのボタン検証5つのポイント
      1. ①数値を知る:対象サイトの導線はうまくいっているのか?
      2. ②ユーザーを知る:ユーザーが求めている価値を考える
      3. ③ハードルを下げる:同じ意味を持つ言葉を探す
      4. ④得られるモノを見せる:商品、資料をボタンにも載せる
      5. ⑤ボタンと認識させる:装飾、動き、アイコンも有効
    3. ツールを使って検証も効率的に進めることが可能
    4. まとめ

インハウスでご自身で運用している方、代理店で広告運用をしている方、双方が悩むのが成約率です。 成約率を改善できれば、目標として設定してることの多い成約数や成約単価どちらも改善することが可能です。 比較的簡単に成約率を改善する方法であるCTA施策についてご紹介させていただきます。

CTA(Call To Action)は行動喚起のこと

CTAはコールトゥアクションの略称で、サイトに訪れた人の行動喚起(リンクのクリックなど)を高めるために行う施策のことを指します。 図のようにサイト内の導線誘導に課題を感じた場合、ボタンを変えることによりエントリーフォームへの遷移率を高めることが可能になります。

ボタンを変えて成約率を高める

ボタンを変えるだけの施策でも成約率を高めることが可能になります。

CTA施策で効果を高めるためのボタン検証5つのポイント

ここからはボタン検証施策の5つのポイントを紹介させていただきます。 数値とユーザーを知り、ハードルを下げ、得られるものを伝え、ボタンと認識させることですができればボタンのクリック率は高まります。 それぞれのポイントについて説明します。

①数値を知る:対象サイトの導線はうまくいっているのか?

対象としているサイトの導線は良いのか悪いのかをまずは把握しましょう。 Google Analyticsなどの解析ツールを使い、そのサイトの遷移率を把握します。

原因分析

その際にどういったユーザーや、集客手法の反応が良いのかも計測すると次のユーザーを知ることもスムーズになります。

②ユーザーを知る:ユーザーが求めている価値を考える

ユーザーが求めている価値を考えることもとても大切です。 例えば商材が専門学校で、入学する可能性のある人のリードを獲得することが目的で、広告の目標を資料請求数を増やすことだったとします。

資料請求で得られる価値は?

その場合資料請求はこちらよりも、「両親も納得|入学後や進路のことも丸わかり!」みたいな表現にすることでユーザーが欲しい価値が資料にあることを伝えることができます。

③ハードルを下げる:同じ意味を持つ言葉を探す

興味はあるけど、購入したことがない商品を買った経験はありますか? その時をよく思い出してください。

新発売よりも試してみませんか?

新発売!と声をかけられるよりも、限定価格だから試してみませんか?と言われる方が買ってみようと思いませんか? ボタンは行動を促す役割があるので、ハードルを下げた上で行動を促しましょう。

④得られるモノを見せる:商品、資料をボタンにも載せる

行動を行なって得られるモノを直接見せるのも効果的です。 先ほども例に挙げた専門学校の場合、単純にボタンの文言を検証するよりも得られるモノを直接見せる方が押されやすくなります。

資料請求ボタン商材にもよりますが、ボタンやコンバージョンエリアには商品を見せましょう。

⑤ボタンと認識させる:装飾、動き、アイコンも有効

デザインよりの話なので、サイトのトンマナによってできることが制限されると思いますが、影やグラデーション、質感などで強調する。

これはボタンです

その他にもアイコンなどでタップを促したり、動きをつけることも有効な施策の1つになります。

ツールを使って検証も効率的に進めることが可能

無料の検証ツールで有効なのがGoogle Optimizeです。 ABの検証を行う以外に、解析ツールであるGoogle Analyticsとの連携も可能です。 またCSSを触らずに施策が打てるのも利点です。 ただし扱うにはツールの知識も必要になるので、実装には時間がかかります。

▼以前の記事も参考にしてみて下さい。

無料のA/Bテストツール「Google Optimize」の使い方を徹底解説!

その他にも弊社ではjuicerを使ったABテストが可能です。 JuicerのABテストでは感覚的に設定を進めることが可能なため実装がしやすいというメリットがあります。

▼JuicerのABテストについては下記記事を参考にしてください。

https://juicer.cc/product/abtesting/

まとめ

集客施策を行う中で大きな課題となってくるのがコンバージョン率です。 有効な施策の中でも導線改善は大きな施策になります。 コンバージョンにお悩みの担当者様はぜひ、juicerのABテストや弊社のクリエイティブのノウハウを活かしてみてください。 施策に関するご相談もお待ちしております。