PINTO!株式会社PLAN-Bの情報発信メディア

2018.07.11

五十嵐 和希

INTERNET ADVERTISING

目次
    1. Google広告とは?
      1. 正式なリリース文章抜粋
    2. その他知っておくべき情報について
      1. Google Adsesneについて
      2. Adwords Expressはどうするのか?
      3. 今後の情報検索について
    3. まとめ:常に情報のアップデートを!

2018年6月27日、広告運用者にとってはびっくりするニュースが舞い込んできました。Googleが、約18年間使用してきたAdWordsの名称を「Google Ads」に変更すると発表したためです。

今回は、Googleの名称変更とその他付随する情報についてお届けします。


Google広告とは?

Google 広告

引用:Google 広告 公式ブログ

2018年7月24日、「Google AdWords」の名称が「Google 広告」に変更になります。新しい「Google 広告」は、現在提供されている検索、ディスプレイ、動画といった多彩な広告キャンペーンを定義するものです。

実際には、サービス名が変わるだけでなく、ヘルプセンター・請求関連書類などでもGoogleAdwordsから名義が変更になります。また、URL は「adwords.google.co.jp」から「ads.google.co.jp」に変更になり、ヘルプセンターのURLも「support.google.com/adwords」から「support.google.com/google-ads」に変更になるためブックマークなどしている方はこちらも変更を確認する必要があります。

なお、DoubleClick関連製品の名称は「Google Marketing Platform」(以下GMP)、パブリッシャー向けの製品は「Google Ad Manager」(以下GAM)という名義に変更になります。

正式なリリース文章抜粋

現在Googleが提供する広告関連サービスは、Google検索はもちろん、Googleの各種サービス、パートナーのサイト、アプリなども対象とした、非常に幅広いものです。Google検索で調べものをしているとき、YouTube で動画を視聴しているとき、Googleマップで新しい場所を調べているとき、Google Playストアでアプリを探しているとき、ウェブ上のコンテンツを閲覧しているときなど、生活の中のさまざまな瞬間を捉えて、何十億人ものユーザーとつながることができます。この広範なサービスを象徴する新たなブランド名になったのが「Google 広告」です。

引用:Google 広告 公式ブログ

DoubleClickの広告主向けプロダクト群とGoogleアナリティクス360スイートは「Google マーケティング プラットフォーム」という名前に変更。DoubleClick for PublishersとDoubleClick Ad Exchangeを一元化した統合的なプログラマティック プラットフォームを「Google アド マネージャー」と再定義することになっています。


その他知っておくべき情報について

Google広告 ホーム

ただGoogleAdwordsが名称変更するだけの知識でも十分ですが、運用者やサイトコンサルティングを行なっている方はもう少し細かい情報についても知っておくとクライアントに満足してもらえる可能性が高まります。

Google Adsesneについて

Googleの広告掲載サービスのひとつであるAdSenseは、名義の変更など一切なく今後もAdSenseのまま運用を行なっていくようです。変更があるものとないものが存在するので、注意が必要です。

Adwords Expressはどうするのか?

Adwords Expressは今の所名称変更のアナウンスは出ていません。ただ、Adwordsというフレーズが今回のタイミングでかなり除外されているのでこちらについても変更がある可能性があります。

今後さらに明確な情報が出てくるかと思いますので、こちらについては随時情報のチェックが必要になるかと思われます。

今後の情報検索について

リスティングの運用情報などを調べる際には「Google広告 設定方法」などと検索することになるかと思いますが、ネットの情報も新しくなるスピードはかなり遅いので、1年ほどはGoogle Adwordsと調べた方が多くの情報を手に入れられる可能性が高いです。

また管理画面の中身がガラッと変わるわけではないのでGoogle広告で情報が見つからない時はAdwordsで調べるようにしましょう。


まとめ:常に情報のアップデートを!

Google広告の情報については今後も更新されて行くと思いますので、随時こちらのページを更新していきたいと思います。

今のところ名義が変わるだけで大きく何かが変わるわけではないのですが、Googleは近年かなり情報のアップデートが激しいので注意して扱うようにしましょう。